マキアヴェッリ先生言行録
Openness, Fairness, and Transparency
02 Column(徒然なるままに)

無駄な「積み重ね」などない

40歳半ばの中年オッサンになって、自身の部下や後輩に対して伝えたいことがあるとすれば、「若い時の苦労は買ってでもせよ」という言葉には一定の真理が含まれていて、自分の気力・体力・知力ギリギリのところで勝負した経験は、思わぬところで、思わぬ形で評価されるということ。

きれいな資料を作り上げ、華々しいPRを展開することに注目が集まりがちですが、対人・対組織の折衝・交渉という泥臭い分野での実績であっても、それが大型プロジェクトのボトルネックになっているケースなどでは、その経験や実績は高く評価されます。

逆の見方をすれば、転職市場において、泥臭い仕事をした経験・実績を前面に押し出している人材はほとんどいないようで、これは逆に差別化点(POD)となります。

「こんな実績は評価されないかもしれない」「こんな経験は誰も見向きもしない」と考えるのは早計です。

その価値を評価し、判断するのはあなた自身ではなく、人材を求めている企業やヘッドハンターです。

どんなに些細な仕事であっても、実直にこなし、積み上げていけば、気が付くと誰にも模倣不可能な『圧倒的な」実績になっていることだってあります。

私自身が経験した最近の出来事を基に、そこから得られる教訓をまとめてみました。

ABOUT ME
マキアヴェッリ先生
Director of Business Strategy Department. #イタリア好き #Apple信者 #経済学修士 #スローシティ伝道師 #空港おじさん #ガンダムおじさん #薩摩藩脱藩浪人