マキアヴェッリ先生言行録
Openness, Fairness, and Transparency
03 BOOK

Amazon Audibleを始めました。

変則的なサブスクリプションサービス

早速使用開始したAmazon Audible

30日間の無料体験終了後は月額1500円のサブスクリプションサービスとなります。

サブスクリプションサービスなんですが、毎月発行されるコインで購入した書籍(Audiobook)については、解約後も聴き続けることできるため、一見、1500円の定額購入のように見受けられます。

しかし、会員期間中は、返品自由(回数上限の有無については諸説あり)らしく、一度購入したAudiobookを聴き終えたら、返品の後、返却されたコインで新たな作品を聴くということも可能であるため、実質的には「聴き放題」となります。

 

やや高めの価格設定

動画配信のHuluやバンダイチャンネルなどで同様のサブスクリプションサービスを享受しているので、Amazon Audibleのサブスクリプションサービス自体に違和感はありません。

ただし、1000円前後のサブスクリプションサービスが多い中で、1500円の価格設定は高めだと言えます。

けれども、解約後もコイン数の分だけAudiobookを所有できるというメリットを考えると、あながち「高い!」と否定もできない価格設定だと思います。

 

アプリの使用感は良好

ダウンロードしたiOS版のAudibleアプリですが、直感的に使いやすいアプリとなっております。

ここらへんは動画配信サービスAmazon Primeで蓄積された知見やノウハウが活かされています。

再生速度は0.5倍〜3.5倍まで速度変更が可能なので、購入した英語小説も「聴きづらいな」と思ったら、再生速度を落としてじっくり聴くということも可能です。

また、スリープタイマーも付いているので、就寝時に付けたまま眠りにつくということも可能になります。

 

1ヶ月に1冊ペースで十分

最初は、1ヶ月に1冊分のAudiobookしか配信されない点が残念だと思われましたが、今回、購入した『HISTORIAN』は全部で11時間にも及ぶ音声データとなっています。

書籍を黙読するよりも、Audiobookの朗読を聴く方が時間的にも長くなることは容易に想像できるし、最初は1回聴くだけでは十分に理解できないこともあるので、2〜3回聴き直すことを考えたら、慣れない当初は、1ヶ月1冊ペースが最適かもしれません。

そのうち慣れてきたら、再生速度を上げて、毎月、何冊も聴き、聴き終わったAudiobookを返品して、どんどん新しい作品を聴いていくという正のスパイラルへと突入できるか。

いずれにせよ、聴覚からの情報獲得という新たな試みをAmazon Audibleでチャレンジします。

 

今回購入したAudiobookの原著

 

ABOUT ME
マキアヴェッリ先生
Director of Business Strategy Department. #イタリア好き #Apple信者 #経済学修士 #スローシティ伝道師 #空港おじさん #ガンダムおじさん #薩摩藩脱藩浪人