マキアヴェッリ先生言行録
Openness, Fairness, and Transparency
08 駆け出しビジネスパーソンの学習室

amebloとWordPress

駆け出しマーケターとしての初投稿。

駆け出しなので、私が勉強中のことも含めて、読者からの質問もここで答えていきます。

ただし、駆け出しなので、質問時点で答えられないことも多々あります。

しつこいようですが、駆け出しなので、間違った回答をするかもしれません。

その際には、「おまえ、全然ちゃうやんけ!」と叩いてしてください。

ということで、最初にいただいた質問はこちら↓

 

amebloからWordPressに切り替えた感想は如何ですか?

 

最初は慣れないUI(ユーザーインターフェース)で、デザイン設定や記事投稿に戸惑う部分も多かったですが、最近はようやく投稿にも慣れてきて、その点は、amebloと大差はないかなと(要は「習うより慣れよ」ということですね)。

でも、Webサイト運営で大事なことはコンテンツを作り込むことではなく、そこに顧客が訪れて期待するリアクションを取ってもらうことですよね。

その際に、顧客がどのような経路で自社のサイトに辿り着いたのか、数多あるWebサイトの中から自社サイトが選ばれているのかを把握することが、何よりも重要です。

そして、例えば、Webサイトを訪問した顧客がどこに住んでいる人で、男女のどちらで、年齢層がどれくらいなのかを分析できれば、ターゲットを明確にした上で、コンテンツの内容を見直したり、あるいは、商品構成を再検討したりと、勘によらないデータに基づいた戦略オプションを取ることができます。

このマーケティングに必要な情報を収集するという点において、amebloが提供するアクセス解析では甚だ不十分です。

これらの情報を入手するのであれば、大手企業が提供するプラットフォーム上でWebを展開するのではなく、自前でサーバーとドメインを準備した上で、Google Analyticsを活用する必要があります。

Google Analyticsとは、Googleが無料で提供するサービスで、我が社では「GA(ジーエー)」という言葉で呼ばれていますが、Webサイトのパフォーマンスを多角的に分析するためのツールです。

自社が立ち上げたサイトをGAに登録するだけで、グラフや数値などの可視化された形で、分析結果が提供されます。

ちなみに、こちらは、本ブログのセッション数やユーザー獲得のチャネルに使用デバイス、ユーザの地域や人気ページなどをまとめたホームページに当たりますが、左枠のウィンドウに、より詳細な分析を行うためのカテゴリが用意されています。

 

 

一見、難しそうに見えますが、Googleは登録させて終わりではなく、Analytics Academyという、GAを使いこなすためのオンライン学習も提供しています。

こちらはコースのすべてのテストで80%以上の正答率を獲得すると、修了証明書が発行されるため、GAを使った分析を行おうという方は、是非受講してほしいです。

ちなみに、私も、Webマーケティングを深く理解するため、最近になって、真面目にAnalytics Academyの学習を始めました。

このようにして、GAで得られた分析を踏まえて、GoogleやYahoo!などの検索(organic)に引っかかりやすくするためのSEO対策を施すのか、あるいは、SNSでの発信強化を進めるのか、などの検討を行った上で、再び、Webサイトの改善を図っていくというPDCAが回ることになります。

このWebサイトの改善の自由度という点においても、フォーマットに制限があるamebloよりもWordpressの方に軍配が上がるなあ、というのが私の結論です。

Webマーケティングを展開したいのであれば、自由度の高いWebを構築できるWordpressを選択し、Google Analyticsを用いて、データに基づいた絶え間のない改善を行うことが必要。

ABOUT ME
マキアヴェッリ先生
Director of Business Strategy Department. #イタリア好き #Apple信者 #経済学修士 #スローシティ伝道師 #空港おじさん #ガンダムおじさん #薩摩藩脱藩浪人